ギリシヤ神話-2 ガイアとウラノス

どうも、元山狐です。

前回に続いて、ギリシア神話を書いていきます。




子供を生むガイア

前回、エレポス(地下の暗闇)と女神ニュクス(夜)の間に、アイテル(天上の光)とヘメラ(昼)という神(子供)ができた。
ということを書きました。

続いて大地であるガイアも子供を生みました。
それも単体で。
両性具有ということ?でもカオスも単体で様々な神々を生んだからなぁ。

ガイアからは2神が生まれました。

  1. ウラノス(天空)
  2. ポントス(大海原)

こうして、大地と天と、海ができました。

自らの息子と結ばれるガイア

先程は単体で子供を生んだガイアですが、自ら生んだウラノスと結ばれて、世界で2組目の、大地と天空のカップルができました。

ハブられたポントスはどんな気分だったんだろう・・・。
※しかし、後にガイアはポントスとも交わり子を作ります。

2人は子沢山で、6の男神、6の女神、あわせて12神を作りました。

ティタン12神

ガイア(大地)とウラノス(天空)の間に生まれた神らはティタン神族と言われ、後に長らく世界を支配することになります。

彼らは大きな体をもち、英語読みだと「タイタン」で、豪華客船「タイタニック」や、金属の「チタン」などの名前の由来にもなっています。

メンバー紹介をしようと思ったのですが、人数も多いし、次の記事でしようと思います。

子を捨てるウラノス

ティタン12神の後も、2人は子作りに励みました。

しかし、次に生まれたのは単眼巨人のキュクロプス3兄弟とや、100の腕を持つヘカトンケイル3兄弟でした。

我が子のあまりの醜さに絶望したウラノスは、我が子である彼らをタルタロス(奈落)の奥に閉じ込めてしまいます。

夫の愚かな行為にガイアは嘆き、悲しみました。

心理学的にはカタストロフィー理論と呼ぶらしいのですが、ガイアはこのことで夫であり子でもあるウラノスに、強い怒りと恨みの念を持ちました。
愛情と憎しみは表裏一体ってヤツでしょうか。

天空を司るウラノスよりも、大地を司るガイアの方が、怨念の類も根深そうです。

最後に

我が子を捨てられた、ガイア。
ここからは彼女の夫への復讐劇が始まるのですが、その前に次回はガイアとウラノスの子らを紹介したいと思います。

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。