2019年3月からの記事について

2019年2月に「北欧神話」シリーズを一通り終えて「日本神話」シリーズを書き始めました。 日本神話については「古事記」をベースに書いていきますが、何回くらいになるかは現時点ではわかりません・・・。 このブログでは月に10回以上の投稿を追加していく予定ですので春の間には一通り紹介しきれれば、って思っています。

日本神話-5 禊(みそぎ)

イザナギは、イザナミを想うあまり、イザナミを追って黄泉国に行きましたが、結果夫婦は決別してしまいます。 黄泉国から帰った彼は「穢れた国に行ってしまったので、身のけがれを洗い清めよう」と言って、水に入り身体を清めることにしました。 これがこの世で初の「禊」となります。 そしてこの時にまた多くの神々が生まれました。

日本神話-4 黄泉国

前回「神産み」をする中で、ヒノカグツチ(火の神)を産んだことで火傷を負い死んでしまったイザナミ。 そのことに怒り我が子を斬り殺したイザナギですが、それでも妻を失った悲しみが癒えることはありません。 妻を忘れることもできず、悲しみに苦しむイザナギは黄泉国(よみのくに=死者の国)に行って、イザナミを連れ戻すことにしました。

串本海中公園にいってきました。(和歌山)

先日家族で小旅行として、和歌山県の白浜町、串本町に行きました。 白浜ではアドベンチャーワールド、串本では串本海中公園に行ってきました。 エリア的には近いのですが、アドベンチャーワールドはもちろん、串本海中公園も個性があって棲み分けできているのかな。って思いました。 で、今回は串本海中公園について書いてみます。

アイムについて

先日娘と猫カフェに行ったのですが、ふと 「猫の悪魔っているのだろうか?」 と思って調べたところ、このアイムという悪魔を知りました。 手元の資料にはあまり情報は無くて、更には能力もなんか地味で、しかも、猫要素が思ったよりもかなり薄いwっていう印象なんですが、ゴエティアに名を連ねる、そこそこ有力な悪魔のようです。

当ブログのコメントについて

ちょくちょくコメントをいただけるようになってきて、嬉しい限りではあったのですが、長文・連投のコメントをいただくことも増えてきました。 これは完全に僕の好みなので、投稿いただいた方には一切の罪はありませんが、僕の中でそれを許容するのが難しくなってきたので、殆どの記事に関してコメントを停止させていただくことにしました。

日本神話-3 神産み

前回の「国産み」に続いて「神産み」について書きたいと思います。イザナギ・イザナミは多くの数の神を産んでまして、結構略していますが、ご了承ください。また産まれた神から、新たな神が産まれたりもしているようです。(まぁ考えりゃそりゃそうか。(笑))しかし、最後は火の神を産むことで自体は一変し、イザナミは亡くなってしまいます。

日本神話-2 国産み

前回様々な神々が登場しましたが、今回はイザナギとイザナミが中心となる話です。今回紹介する「国産み」、次回書こうと思っている「神産み」ってすごく有名な話なので、ご存知の方も多いと思いますし、読み流していただいても結構です。(笑)あと、本はもちろん、ネットを調べていると気になる話を見つけたので、それも少し紹介しています。

日本神話-1 天地開闢

今回から日本神話について薄~く紹介していこうと思います。 初回は、今までの神話シリーズでも定番ですが「この世の始まり」について書きます。 何となく日本神話の始まりって、ちょっとギリシア神話と似ている気がします。 何もないところから、数々の神が生まれては消え、その中でイザナギ・イザナミが生まれ・・・という流れです。

中野BCの「日本酒BAR2019」に行ってきました。(和歌山)

和歌山の中野BCという酒造会社の「日本酒バー」というイベントに参加してきました。 このイベントは過去に何度も開催されていて、簡単ではあるのですが、レポ記事を書いてみました。 また、去年からいろいろ神話に関するまとめを書いていて 「神話や昔話しにはお酒がかなり登場するなぁ。」 と思いまして、関連する話を紹介してみます。