レラジェについて

今回はゴエティア序列14番レラジェについて書いてみます。 手元にはゴエティア全悪魔について、解説の書かれた本があるんですが、その本の中でも最も文字数が少ないのが、このレラジェです。(笑) 緑色の服を着た狩人の姿をしているらしく、これ前に紹介したバルバトスと同じ!?と思って調べてたら、自分の痛恨の間違いに気付きました。

ベレトについて

今回はゴエティア序列13番ベレトについて書いてみます。 不吉な番号といえば4と13が真っ先に浮かぶんですが、さすが13番目というだけあって、今まで紹介したゴエティアに載っている悪魔の中では、初めての位となる地獄の大王となります。 大物には違いないんですが、僕はこのベレトといつ悪魔の名前を聞いたのが初めてだと思います。

シトリーについて

今回はゴエティア 序列12番 地獄の偉大なる君主シトリーについて書いてみたいと思います。 ゲーム「真・女神転生」で登場する悪魔で、ゲーム中で僕は結構使っていまして、個人的に名前はよく知っている悪魔です。 位も君主ということで、かなり位の高い悪魔なんですが、その割には前回のグシオンと同様に情報が少ない悪魔になります。

グシオンについて

今回はゴエティア 序列11番 地獄の大公爵グシオンについて書いてみたいと思います。 この悪魔も情報量が少なくて、ちょっと困ったちゃんでございますが、マンガやゲーム要素とかで肉付けもしながら、紹介できたらなぁ。と思っています。 今コロナウィルスで不要な外出を自粛するムードもありますし、しばらくは悪魔ネタが続きそうです。

柳生の里に行ってきました。(奈良)

奈良市には「柳生の里」という観光スポットがあります。 柳生といえば、江戸時代の有名な剣豪。 ・・・バカボンドにも柳生は出てきたし、「柳生十兵衛」という人が有名ですよね。 あとは、「じゅうべえくえすと」というゲームがあったような。 ・・・まぁ僕にはこのくらいの知識しかないんですが、通りがかりついでに行ってきました。

パイモンについて

前回のバルバトスに続き、今回は序列9番パイモンについて書こうと思います。 バルバトスの記事で「容姿が人間って珍しいな」と思ったのですが、今回のパイモンも「ヒトコブラクダに乗った人間」ということで、そうでもなかったようです。笑 Wikipediaと手元の書籍を資料に書くんですが、ちょっと笑える性質を持った悪魔であります。

バルバトスについて

今回はゴエティア序列8番目にあたる悪魔バルバトスについて書いてみようと思います。30の軍団を率いる公爵とされています。今まで紹介をしてきた悪魔はなんらかの動物をモチーフにした風貌だったのですが、今回のバルバトスについては、狩人の姿、つまりは人間の姿という珍しい悪魔です。 能力に関しても悪魔らしからぬものになっています。

ウァレフォルについて

今回紹介するのは、ゴエティア序列6番目に記されるウァレフォルです。 今まで紹介した悪魔って、アニメだったりゲームだったりで名前を聞いたことがある悪魔が多かったんですが、今回のウァレフォルに関しては全くそういった記憶がありません。 検索するとスマホ用のゲームで登場してたり、女神転生・FFとかには登場しているみたいです。

マルバスについて

今回紹介するのは、ゴエティア序列5番目のマルバスです。36の悪魔の軍団を率いる大総裁ということで、あまりランクは高いとは言いにくい悪魔です。以前紹介したバアル、アガレスと同じくルキフゲ・ロフォカレという悪魔の配下に属しています。地位的にはバアル、アガレスよりも下位にあたるので、グループの中でパシリ的なカンジなのかな?

太子町に行ってきました。(奈良)

前回「大阪府「道の駅」スタンプラリー に行ってきました。」という記事を投稿しました。その際に太子町に行って、太子町には聖徳太子のお墓があることを知りました。太子町は以前二上山に行ったのと、「近つ飛鳥博物館」に行ったことがあります。この博物館のことは記事にしたことがないので、いずれまた記事にしたいと思います。