2018年1月からの記事について

はやいもので2017年も終わりですね。僕は仕事柄年末年始はあんまり関係ないんですが、この12月に投稿した記事をあわせてやっと100記事間近になってきました。アクセス数は正直横ばいと言うか、少し減ったようなカンジですが、多分こういう停滞期がしばらく続くんでしょうなぁ。来年、というか来月からの記事の方針を書いてみました。

日本史に疎い僕が百舌鳥・古市古墳群を回ってみた-7 まとめ

先日まで6回にわけて、「日本史に疎い僕が百舌鳥・古市古墳群を回ってみた」というシリーズ記事を書いてました。中百舌鳥・古市古墳群を天皇(一部そうじゃない人もいる)の時系列順に紹介をしていったのですが、この古墳群にはいない天皇も間に挟んでいたりして、ちょっとわかりにくなぁ。ということで、まとめ記事を書いてみました。

旧約聖書-15 旧約聖書最終回とまとめ

今回はタイトルのとおり、「旧約聖書」の最終回です。内容的に短いので、前回の記事と併せてもよかったような気がしたのですが、このシリーズのまとめも併せて一つの記事にしました。今回含めて、15回に渡って「旧約聖書」ついて書いてみました。次回からは「新約聖書」ついて書いていきます。(1月入ったらはじめるつもりです。)

旧約聖書-14 イスラム王国 その2(ソロモン王)

今回もイスラエル王国についての記事になります。主役はイスラエル王国第3代王のソロモン。イスラエル王国に黄金期とも言える繁栄をもたらしましたが、民に重税を課し、没後には衰退を招いたり、その叡知によって悪魔たちを使役したと賛否両論のある人物で、旧約聖書以外にも「偽ソロモン文書」などオカルトめいた逸話がたくさんある人物です。

クリスマスとサンタについて

いやー、もうすぐクリスマスですね。イブもクリスマスも単身赴任の僕にはあんまり関係ないイベントなんですが、聖書のこととか書いてるから、ちょっと気になって調べたことを妄想も交えつつ、豆知識として書いてみようと思って書きました。先に書いておきますが、この記事を読んでも得られるものは、いつもにも増して殆どありませんw

オスカー・ワイルド「サロメ」を読んでみた。

仕事でiPad Airを使ってたんですが、最近miniに変えました。持ってて疲れないということで、電子書籍にちょうどいいサイズです。ということで、今回は「iBooks」でオスカー・ワイルドの「サロメ」を買ってみました。オスカー・ワイルドは以前「幸せの王子を読んでみた」って記事を書きました。短編で読みやすいと思います。

竹中半兵衛の墓に行ってきた(兵庫)

先日仕事で兵庫県の小野市に行きました。小野市はよく仕事で行くので、以前は「山ノ神社」に行ったという記事を書きました。今回は、予定よりも1時間早くついてしまい、どうしようか?と同僚と話していると「竹中半兵衛の墓」と書かれた看板が。「誰?」「忍者?」とかいってたんですが、居た場所の近くだったのもあり行ってきました。

日本史に疎い僕が百舌鳥・古市古墳群を回ってみた-6 允恭天皇陵 他(最終回)

今回は允恭天皇陵と、その後に続く天皇陵に行ってきました。正直なところ、前回の仁徳天皇のことを書いた記事で終わりにしてもいいかな?と思っていたのですが、なんとなく歯切れも悪いし、その後の天皇を調べると、個性的で記事にするのに面白そうな天皇もいたので、今回を最終回にして、近々まとめの記事を書いてみたいと思います。

キリンを飼ってみた(夢の話)

このブログのタイトル「神秘と怪奇と妄想と」っていいます。先日、ふと思ったんですがちよっと妄想要素が足りてないな・・・と思いました。そんな僕は、最近少々情緒不安に陥ってまして、そんな不安定な状態だからこそ見れたのかも知れないんですが、キリンを飼うという夢を見ました。アホみたいな内容ですが、夢の内容を記事にしてみました。

旧約聖書-13 イスラム王国 その1(サウルとダビデ)

今回からイスラエル王国のことを書いていきます。このイスラム王国はそんなに永く続くこともなく崩壊し、旧約聖書としては一気に終盤を迎える格好になるのですが、その後はそのまま「新約聖書」について書いていくので、あと数ヶ月は、今までのような記事がダラダラと続きそうですw「旧約聖書」としては、この後2記事程度で完了する予定です。