奇絶峡・白浜美術館に行ってきました。(和歌山)

どうも、元山狐です。

前回、石川県のハニべ岩窟院を紹介しました。

その記事で一年以上前に行っていた、白浜美術館について記事にしていたつもりが、していなかったことを思い出して、今回書いてみます。(笑)

記憶が曖昧なんですが、この日は娘と2人で田辺市の奇絶峡にいって、そのままの足で白浜の方をブラブラしてて、なんとなく白浜美術館に行ったような・・・。




和歌山県田辺市にある奇絶峡

和歌山の田辺市には奇絶峡という、巨岩・奇岩が点在する観光スポットがあります。

紅葉や桜の名所でもあります。

近くには「不動の滝」と「磨崖三尊大石仏」があって、結構な迫力です。そのまま「高尾山」という山にも行けます。

奇絶峡から見える厳かな雰囲気の滝。

滝かげには、不動明王が祀られています。

「今から150年くらい前、上秋津の木村さんが、奇絶峡で不思議な三人の修行者と出会い、お不動さんを祀ったのが始まり。」と看板には書いていました。

木村さんって誰!?超気になるw

磨崖(まがい) 三尊大石仏

なんか名前が禍々しい響きな気がします。笑

幅22m 高さ16mの一枚岩に掘られた、阿弥陀三尊です。

  • 左 観音菩薩
  • 中 阿弥陀如来
  • 右 勢至菩薩

結構神秘的でしょ?(そして謎のポーズをとるガキ)

残念ながら、この日はコブ付きということで、山の頂上まで行くことはできませんでした。またいずれ機会があれば、登ってみたいと思います。

実は、その後時間があったので、白浜の方まで行きまして、ちょっと気になった看板を見つけて入りました。
結果、後悔することになるのです・・・。

白浜美術館・歓喜神社

なんとなく、おもしろそうと思って入ってみました。

が、その後すぐに
「あ、親子二人でくるところではなかったw」と気付きました。

この看板を見て、なんとなくわかった頂けたかと思いますが・・・。

至る所にこういうのが祀られていましたw

幸い、まだ娘が小学生でよかったです。
これが中学生くらいになると、なんかもう、いろいろマズかったでしょうね。笑

中学生とかグループ交際のデートに是非いってもらいたいもんです。

最後に

ということで、かなり短くなりましたが、昨年行った「奇絶峡と「白浜美術館」について書いてみました。

最近自分のブログを自分で見てみて、結構仏像があるスポットが多いなー。と思いましたが、僕自身はあまり仏や仏教のことをよく知りません。

今後、ちょくちょく仏についても書いていけたらなぁ。と思います。

あと、今更ながら毎回記事に目次をつけてるんですが、僕の記事は目次つける程長くないなw
ということに気付きまして、当面は目次無しで投稿していこうと思いました・・・。

今月は年末ということもあって、投稿ペースが落ちるかも知れませんが、10記事以上を目標に投稿していきます!

では、最後までお読みいただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です