2018年11月からの記事について

どうも、元山狐です。

今月からこのブログでは新たな神話となる「北欧神話」を書き始めました。

まだ序盤といったところですが、来月本格的な内容に入る予定です。

あと、この記事を書く数日前に、大阪府立弥生文化博物館「発見!古代エジプト -7つのひみつと最新エジプト研究-」に行きました。11月初回はこの展覧会のレポート記事を書きたいと思います。



今月の動向

序文にも書いたとおり、今月は「北欧神話」についてをメインに書いてきました。

北欧神話の世界観と、世界のはじまり、世界初の戦争、そして一部の神々を紹介してきた格好です。
北欧神話は、昔怪我で入院した時に書籍を読んでいたのですが、その本も既に手元にはなくて内容も殆ど覚えていないので、新鮮なカンジです。
相変わらずつたない紹介にはなっていますが、

  • ケルト神話
  • 旧約聖書・新約聖書
  • メソポタミア神話(一部)
  • ギリシア神話

に加えて北欧神話ということで、このブログのコンテンツも段々と充実してきたのではないかな。と思ってます。
現段階で記事数は約220ですので、あと11月12月で250記事を目標に書いていきたいと思います。

他には「アメリカ古代文明 -超自然へのまなざし-(滋賀)」のレポート記事、
ソロモン72柱の悪魔デカラビアとブエルについても書きました。

2018年11月からの記事について

前項を書いていて思ったんだけど、悪魔に関してはちょこちょこ書いてますが、天使に関してはまだ「大天使ミカエル」「大天使ガブリエル」しか書いてませんね。
しかも最終記事が2018年の6月・・・そろそろ新しい記事を投稿しなきゃな。

とりあえず、11月の初回記事は大阪府立弥生文化博物館「発見!古代エジプト -7つのひみつと最新エジプト研究-」のレポート記事にするとして、その次くらいに天使に関する記事を書いて、また北欧神話の神々について書いていこうかな。

北欧神話に関しては、できれば11月12月で書き終えたいと思ってますので、仕事が忙しい時期ではありますが、怠けずに記事を投稿していきたいと思います。

最後に

この記事で何回名前出すねんw と思われるかもですが、「発見!古代エジプト -7つのひみつと最新エジプト研究-」に行く前に、
以前書いた『「黄金のファラオと大ピラミッド展」に行ってきた。』という記事を見てから行きました。

「黄金のファラオと大ピラミッド展」に行ってきた。

予備知識という程の物にはならなかったけど、全くのゼロというわけでもなくて、やはりこういう記事を自分のログとして残しておくと役に立つことがあるのだなぁ。としみじみ思いました。

エジプト関連の展覧会は、毎年どこかで行われているし、いずれ「エジプト神話」についても、このブログで取り上げていきたいと思います。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です