アガレスについて

最近またブログを更新し始めましたが「聖書に登場する天使と悪魔」シリーズもドライビングスクール行きはじめた頃から放置していたな。
ってことを思い出して、久々に追加してみます。

今まで紹介した悪魔のリストを見ていると、序列にかなり歯抜けがあるように思ったので、今回は歯抜けのままになっている序列2番目のアガレスについて書きます。

※この記事を書いている時点での記事はこんなカンジです。
ソロモン72柱 序列1 バアルについて
ソロモン72柱 序列4 ガミジンについて
ソロモン72柱 序列7 アモンについて
ソロモン72柱 序列10 ブエルについて
ソロモン72柱 序列23 アイムについて
ソロモン72柱 序列32 アスモダイについて
ソロモン72柱 序列37 フェニックスについて
ソロモン72柱 序列45 ヴィネについて
ソロモン72柱 序列53 カイムについて
ソロモン72柱 序列69 デカラビアについて



名前は知っているけど、印象は薄い

しばらくはこのシリーズを追加する時は、穴あきになっている若い番号の序列の悪魔にしよう。と思ったんですよね。
多分そうしないと、いつまで経っても終わらないと思ったので。笑

そんな理由で取り上げたので、今回紹介するアガレスには特別な思いとかエピソードってのはありません。
とはいえ、名前は聞いたことある名前でして、多分女神転生に出てたような。。。と、思って調べたら、幻魔だったり堕天使だったりとして登場しているみたいです。

他のゲームにも結構出ているようで、そう考えるとなかなか有名な悪魔と言えるんでしょうか。
ゲームではそこそこの強いキャラクターとして扱われているんですが、反面突出した能力があるように思えないし、あんまりインパクトあるカンジではありませんね。

能力・地位

そんなアガレスですが、ゴエティアにおいてはどんな能力を持っているとされていて、どのような地位にいるんでしょうか。

見た目は穏やかな年老いた老人の姿で、ワニに跨り、腕に鷹を乗せた姿で描かれています。
穏やかな老人、ワニ、鷹・・・情報量が多くてイマイチまとまりませんね。(笑)

ゲームでの描かれ方は女神転生がこの設定に忠実な描かれ方されているくらいで、あまり老人として描いてはいませんね。
まぁ最近のゲームでは、男性の武将を女性化するのも当たり前になってきているのでこれくらいは許容範囲でしょう!

で、能力ですが、

  • 地震を起こすことができる
  • あらゆる言語を教えてくれる
  • 権威を失墜させる
  • 逃亡者を戻ってこさせる能力

などがあると書かれています。

言語に関しては、以前紹介したカイムと似た能力です。

カイムについて

地震を起こす能力は、武力としてはかなりの能力を持ってますね。
31もの軍団を指揮しているらしく、能力のことも考えると戦闘要員なのかな?

地位としては大公爵です。
堕天する前は力天使だったようで、天使の中でも、悪魔の中でも中位ってところですね。

天使と悪魔の階級について

元天使?異教の神?

前項で、「堕天する前は力天使だった」と書きました。
が、別のソースでは「もともとナイルの農耕神」という説もあって、農耕神としてのアガレスもネットで検索したんですが、あまり具体的な情報を見つけることはできませんでした。
ただ、こちらはこちらで有力な説のように思えるんだよなぁ。

「う~ん、一体どっちなんだろう?」
と悩んだんですが、堕天したアガレスという天使と、ナイルの農耕神ってのはそれぞれ別の個体だったけど、長い時をかけて解釈する中で、同一視されていったのかな?
とか勝手に解釈しています。

最後に

ということで、3ヶ月以上ぶりに悪魔を紹介しました。
で、次は序列3番めのヴァサゴを紹介しようと思っていたんですが、Wikipediaにも手持ちの書籍にも
「アガレスと同じ性質を持つ」程度のことしか書かれていませんでして、記事として取り上げるのが難しいかな・・・。
ってゆーかざっと、手持ちの本を見る限りではゴエティアの悪魔って結構地味なのが多いんですよね(笑)

まぁ、天使にしろ悪魔にしろ、スローペースにはなると思いますが、ボチボチ書いていけたらと思います。

では、最後までお読みいただき、ありがとうございました。