鋼の錬金術師展に行ってきた。(大阪)

どうも、元山狐です。

以前の記事で行きたいイベントについて書きました。

2017年11月以降 行きたいイベント(美術館・博物館編)

今回はそのうちの1つ「鋼の錬金術師展」に行ってきました。

行ったのは2017年11月16日ってことで、会期の半ばになるかと思うんですが、平日にも関わらず人も多くて、客層は女性が7割男性3割ってカンジで、この作品のファン層もそんなカンジなのかな?って思います。

とりあえず3日前の日付で荒川先生のサインが書かれているので、早速テンションがあがりましたw



概要

鋼の錬金術師とは

まず、この作品に興味がない人がこの記事を読むことはないかと思いますが、軽く紹介しておきます。

以下Wikipediaから引用
『鋼の錬金術師』(はがねのれんきんじゅつし)は、荒川弘による日本の漫画作品。また、それを原作とした派生作品。
『月刊少年ガンガン』(スクウェア・エニックス)にて、2001年8月号から2010年7月号まで連載された。全108話。
同年10月号には番外編が掲載された。略称は、『ハガレン』等。
単行本は全27巻が発売されており、2017年11月現在での累計行部数は7000万部を記録し、スクウェア・エニックス発行のコミックスの最高記録となる。
連載終了から7年後にあたる2017年6月12日更新分からガンガンONLINEにてリバイバル連載がスタートした。

ということで、錬金術師が存在する架空の世界を舞台とした物語で、錬金術師であるエドワード・エルリックとアルフォンス・エルリック兄弟が繰り広げるファンタジー漫画です。

イベントの概要

  • 場所
    大阪 ATCミュージアム
  • 開催期間
    2017年11月3日~11月30日
  • 料金
    大人当日料金 1500円
    音声ガイド 600円

音声ガイドはエドワード・アルフォンスの声優さんがやっているという豪華っぷり!

案内が凝っている

こういったイベントの場合、「ものに触れないで」とか「写真とらないで」とか看板のようなもので、利用に関する注意が案内されるんですが、このイベントでは作品をモチーフにしたデザインで注意が案内されていて、気分があがります。

ストーリの時系列に沿った展示

入口付近では、映画の衣装と等身大のアルフォンスがお出迎え。

僕はハガレンは漫画もアニメも見ていたのですが、結構前なのでストーリーはうろ覚えだったんですが、今回の展示はあらすじに沿って原画などが展示されていて、

「あぁ、そういえばそうだった!」

と振り返りながら、展示を楽しむことができます。
(一部のエリアを除いては写真撮影が禁止なので、写真はありません。)

音声ガイドの案内も丁寧なので、今度やる映画は見たいんだけど、漫画を読んだことがない。って人でもあらすじが理解できるようになっていましたよ。

作品に登場したアイテムの参考資料

この作品は時代的に19世紀頃という設定になってまして、物語に登場する武器も近代的なものが登場したりします。
(剣やナイフだけじゃなくて、銃とか。)

作者である、荒川 弘先生の私物で剣やナイフ、銃や他の武器のレプリカが展示されていました。

これが私物ってところが、なんか熱意を感じます。

しかし、彼女の友人らが家にいって、あのアイテムが並んでいたらドン引きするでしょうなw

展示されていたイラストや原画にはこぼれ話が

基本的にイラストや原画の大半は写真撮影禁止でしたので、写真はありませんが、以下のようなこぼれ話的な解説が書かれていて、読んでいて面白かったです。

  • 第一話のカバーはレンガの質感を出すために、絵の具に胡椒を混ぜてザラザラ感を出したが、当然印刷物にはそんな凹凸は出ないので、がっかりしたw
  • 憤怒のラース(大総統ブラッドレイ)を描くのは好き。(オッサンを描くのは楽しい)
  • 色欲のラストは荒川先生のお気に入りでもっと長生きさせたかった

もし私が錬金術師だったら

会場の出口では金の荒川先生像が。

そしてその先には映画公開記念として、「もし私が錬金術師だったら」というイラストコンクールがあったらしく、その中の一部作品が展示されていました。

個人的に以下の作品が、

もはや錬金術じゃねぇw

と思って笑えました。

成績UPの錬金術

空想の錬金術(空想したものを具現化する)

時の錬金術(時間をとめたりする)

もはや錬金術というより、ジョジョのスタンド(Dio様のザ・ワールド)じゃないかw

言葉を具現化する錬金術

これもジョジョの広瀬康一クンのエコーズACT2ですねw

砂を操る錬金術

これもジョジョのイギー・・・ いや、しかしこれはまだ錬金術っぽいか?

ちなみにアナタならどんな錬金術師になりますか?

僕はなんとなく水の錬成が得意だったら、生活に便利かな~とか思いますw

ハボック雑貨店(グッズ販売)

こういうイベントには定番のグッズ販売もありました。

※店舗内は撮影禁止なので、店舗での取扱商品が紹介されている看板の写真を貼ってます。

ただ、結構な商品が売り切れていまして、僕はラバーコースターを買いたかったのですが、残念ながらありませんでした・・・

って、ことで今回はミニタオルを3枚購入。
(家族へのお土産分含む)

ちなみに、今回のイベントは入場記念として、日替わり(曜日ごとに内容が違うみたいです。)のブックマーカーがもらえます。
是非使わせてもらいます!

最後に

かなり概略的な紹介になりましたが、ストーリーも思い出して、こぼれ話もインプットできて、映画を見る前に参加するイベントとしてはかなり面白かったです。

正直、実写版はあんまり興味がなかったんですが、このイベントにいって映画も見たくなりました。

今月いっぱいやっているイベントなので、同作品の映画を見るつもりの人にはかなりおすすめのイベントだと思いました。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。