井氷鹿(イヒカ)に縁のあるスポットに行ってきました。(奈良)

今回は古事記に登場する国津神の井氷鹿(イヒカ)について書きたいと思います。
というのも、以前日本神話について記事を書いていて、その中の神武東征という話でこの井氷鹿(と他の国津神)が登場するのですが、その時から吉野川にあるこれらの神々の縁のスポットに行きたいと思ってました。
今回は井氷鹿を祀っている神社に行ってきました。



井氷鹿について

冒頭にも書きましたが、井氷鹿(イヒカ※以降はカタカナ表記で書きますね。)は古事記に登場する国津神です。

詳しくはこの記事を見ていただければと思いますが、カムヤマトイワレビコ(=後の神武天皇)の旅の道中で出会う神の1人です。

古事記では、光る井から出てきた、尾っぽのある人の姿といった表現をされています。
ここで言う「井」は所謂「井戸」のことですが、我々がイメージする貞子とか、お菊さんが出てくるような、地面を掘って作られたものではなくて、川辺木を組んだもののようなので、どちらかというと川辺から上がってきた、というイメージですかね。
川から出てきたのもあって、神格としては「水神」と言われているようです。

川から上がった人を見て、しかもその人に尻尾のようなものが生えていたら、かなりびっくりすると思うんですが、カムヤマトイワレビコ青年は勇気あるもので、名前を聞きます。

カムヤマトイワレビコ
「な、なんだチミは!?」

イヒカ
「なんだチミはってか!?え!?そうです、私がイヒカです!」

・・・というやり取りでは無かったと思いますが、イヒカはカムヤマトイワレビコの問いに答えて名乗ったようです。
(この時、吉野の首領たちの祖であるとも言っています。)

古事記での登場は以上で、性別とか、他の情報はなかったようなのですが、『新撰姓氏録』(しんせんしょうじろく)という平安時代初期に編纂された古代氏族名鑑によると、女性、つまり女神ということになるようです。

ちなみに、今回行った神社「井光神社」(いかりじんじゃ)を奈良県川上村様のWebサイトによると

奈良県川上村様のWebサイトより引用
井氷鹿(いひか)は、神武天皇を案内して、土地神谷(とちかみだに)を過ぎて休石(やすみいし)に腰をかけた後、御船山(みふねやま)の尾根にある拝殿で波々迦(ははか)の木を燃やし鹿の骨をもって卦(け)を立てて占い、御船の滝巖上に宮柱を立て天乃羽羽矢( ははや-天から授かった矢)を納め、進軍の勝利を祈願したといわれています。

ということでした。
このイヒカに出会う件で、
カムヤマトイワレビコはイヒカ含めて以下3人(柱)の神と出会います。

  • 贄持之子(ニエモツノコ)
  • 井氷鹿(イヒカ)
  • 石押分之子(イワオシワクノコ

イヒカ以外のニエモツノコ、オワオシワクノコも、イヒカ同様にカムヤマトイワレビコの道中を案内するなど、助力をしたのかもしれませんね。

イヒカに縁のあるスポットに行ってきました。

今回僕がこの3人の国津神の中でイヒカだけに絞ったのは、たまたま好きなゲーム「真・女神転生」に登場してて、印象に残ってたからです。(笑)
まぁ奈良県川上村というところに行ったことも無かったから、というのもありますしね。

井光神社

井光はイヒカの別名でもあります。
御祭神はもちろんイヒカです。

神社に行くまでの道中に「井氷鹿の里」という、釣りやBBQなどが出来る施設がありますが、今回はスルー。
あまごを釣ったり、掴み取りができるようなので、夏にきたら楽しそう。

井氷鹿の里・もりもり館(奈良県川上村様)Webサイト

で、ちょっと細めの道をクネクネ上がると神社に到着します。

神社自体は大きいとはいえず、これといった特徴はないんだけど、社の裏手に大きな木がありましたので、何か関係があるんでしょうか?

お食事処ホラ!あな

喫茶 ホラ!あな (奈良県川上村様)Webサイト

いきなりイヒカから脱線しますが、何か(観光協会のパンフレットとか?)で名前を知っていて、行きたかったんです。

ここは「奈良県指定文化財天然記念物 不動窟鍾乳洞」と繋がっていて軽食を楽しんだ後、鍾乳洞に行って・・・ということが出来るんですが、残念ながら冬季はお休みだそうで、今回は休業中でした。

まぁ何にせよ、インパクトある名前です(笑)

長尾神社


最後は奈良県葛城市にある長尾神社(ながおじんじゃ)。

御祭神は以下のとおりで、水光姫命がイヒカです。

  • 天照大神(アマテラスオオカミ)
  • 豊受大神(トヨウケノオオカミ)
  • 水光姫命(ミヒカヒメノミコト)
  • 白雲別命(シラクモワケノミコト)

ちなみに白雲別命はイヒカの父神に当たるようです。

長尾神社は結構有名な神社で、古代豪族の長尾氏の発祥地とか、龍の尾にあたる神社といった言い伝えがあります。


まぁ見る限りではイヒカがメインというわけではなさそうですね。

ということで、今回は日本神話に登場する国津神井氷鹿に纏わるスポットをまわりました。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。