シリアルキラー展大阪に行ってきました。

どうも、元山狐です。

本日(2018年8月12日)「シリアルキラー展 大阪」に行ってきました。

過去には東京銀座で2回開催されていまして、ともに休みがとれず行けなかったのですが、今回は近くで開催されている。ということで、意地でも行かなければ!ということで行ってきました。

混み合っていて、あまりじっくり見ることはできませんでしたが、レポ記事を書いてみます。




会場はこんなでした

今回の会場は
海岸通ギャラリー「CASO」
というところでした。

現代美術のためのレンタルスペースということで、今回もシリアルキラー展の他にも現代アートが展示されていました。

今回は車で行ったのですが、最寄り駅(地下鉄中央線「大阪港」)から徒歩7分とありますので、アクセスは悪くなさそうです。

正直入るまでは
「案外ガラガラなんだな。ラッキー♪」
と思っていましたが、中に入ると結構混んでいて、あまり近くによってじっくり見ることができませんでした。

しかし、中には髪や爪が展示されていたり、流れている陽気なBGMがかえって狂気を連想させたりで、なんかシリアルキラー展に来てるなぁ。(って当たり前なんだがw)って雰囲気を味わうことができました。

パンフレットが丁寧

まだ開催中のイベントですし、あまり詳しく書くことはしませんが、限定パンフレットが丁寧で、
「この限定パンフレットだけ単品で販売してもいいんじゃない!?」
と思える程の情報量です。

というのも、展示物は主だって「絵」「手紙」「写真」「物品(髪や爪だったり、現場の砂とか)」なんですが、人物や背景がわからないまま見てもよくわかりません。
僕みたいに鈍い人は、その背景を知ることで、初めて作品の放つ狂気に「ゾクリ」とするものなのかな。と思います。

そういえば、以前いった「怖い絵展」の中野京子先生のインタビュー動画でも
「絵は感じるよりも、知ったほうが面白い」
といったことを仰っていました。

「怖い絵」展に行ってきた。(兵庫)

写真ではぼかしていますが、このページではジョン・ウェイン・ゲイシーの犯した殺人等経歴と一部作品が掲載されています。
他のページも各殺人者の解説と一部作品が掲載されているのです。

とはいえ、全殺人者の解説がこのパンフレットに載っているわけではなく、現地の解説パネルでのみ、その解説を見ることができる人物もいます。

気になったもの

回る順番は人それぞれだと思うのですが、僕の回った順はこうです。

  1. ニコラス・クロー
    パリの吸血鬼と呼ばれ、人肉を欲した殺人者
  2. ピーター・ウィリアム・サトクリフ
    女性20人を襲い、13人を殺害。手口が切り裂きジャックに酷使していて、ヨークシャー・リッパーと呼ばれ恐れられた。
  3. ウェイン・ロー
    銃乱射で2名死亡、4名重症
  4. エドワード・ゲイン
    「サイコ」「悪魔のいけにえ」「羊たちの沈黙」など多くの創作物に影響を与えた殺人者
  5. ジョン・ウェイン・ゲイシー
    パンフレットの表紙にもなっている最凶のピエロ。33名の若い男性を殺害
  6. アーサー・ショークロス
    戦争と虐待が生んだ怪物
  7. デビッド・バーコウィッツ
    ニューヨークを恐怖のどん底に陥れた、サムの息子
  8. ヘンリー・リー・ルーカス&オーティス・トゥール
    史上最凶最悪殺人コンビ。ヘンリーはハンニバル・レクターのモデルの1人。
  9. ダニー・ローリング&ジェラルド・シェイファー
    ソンドラ・ロンドン(ジャーナリスト、女性)を巡る三角関係
  10. チャールズ・マンソン
    カルト集団「マンソン・ファミリー」の指導者
  11. ハーバード・マリン
    妄想のお告げを聞いて13名を無差別に殺害
  12. ジョー・ロイ・メセニー
    被害者をハンバーガーにして食らう男
  13. ハドン・クラーク
    女性の血を飲むと、女性になれると思った。殺された女の子になりたかった。
  14. ゲイリー・レイ・ボールズ
    各地で絞殺と強盗を行った
  15. キース・ハンター・ジェスパーソン
    別名「ハッピーフェイス・キラー」160名殺したと供述
  16. リチャード・ラミレス
    別名「ナイト・ストーカー」自ら悪魔崇拝者を公言し、13名を殺害
  17. ローレンス・ビッテイカー&ロイ・ノリス
    マーダー・マックに乗った殺人コンビ
  18. レジナルド・クレイ&ロナルド・クレイ
    最凶のツイン(双子)ギャング
  19. ヘンリー・ヒル
    アメリカのギャングスター。映画「グッドフェローズ」のモデル
  20. トーマス・ピテラ
    武闘派殺人者
  21. ドロシア・プエンテ
    自身で作った介護施設で7名を殺害
  22. ローズマリー・ウエスト
    夫婦で自宅地下室にて12人を殺害
  23. アイリーン・ウォーノス
    映画「テルマ&ルイーズ」「モンスター」のモデル
  24. マーサ・ベック
    独り身の女性を金目当てに殺害
  25. キャロル・バンディ
    シリアルキラーカップルの1人(彼女)
  26. ダナ・スー・グレイ
    金品に目がくらんで老人を殺した元看護師
  27. ボニー&クライド
    アメリカ西部で銀行強盗と殺人を繰り返した
  28. ジェームズ・アール・レイ
    キング牧師を暗殺

という順番でした・・・というかこのリストを書くのにかなり疲れました。笑
限定パンフレットでは、うち13人についての解説が載っています。

で、個人的に気になった作品は

  1. パリの吸血鬼と呼ばれた人肉殺人者ニコラス・クロー
    歯型・爪・髪
  2. ウェイン・ロー
    顔が塗りつぶされた写真
  3. ジョン・ウェイン・ゲイシー
    人・変身中・ピエロを描いた絵
  4. ハドン・クラーク
    大量の女の子の絵(なりたかった自身を描いている?)
  5. キース・ハンター・ジェスパーソン
    通常の自分を描いたポートレートと、対になる顔が破損した自分を描いたポートレート
  6. ダナ・スー・グレイ
    下着(笑)
  7. ってカンジですかね。
    あまりじっくり見れなかったので、もっと印象に残る作品もあったかと思いますが。

    下着は服役中に身に着けていたものかな?
    なんだかんだで、下着が一番気になりますね。笑

    最後に

    開催中とは言え、8月18日には終わってしまうイベントですので、もう終了間近ってカンジです。

    今回ので3回目だと思うんですが、毎年東京・大阪でそれぞれやってくれたらありがたいですね。

    この記事で紹介したのは、ほんの一部の作品ですし、興味のある方は是非いって欲しいイベントだと思います。

    では、最後までお読みいただきありがとうございました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です