地蔵谷トンネルに行ってきた。(大阪)

どうも、元山狐です。

僕は平日単身赴任で大阪に下宿しています。
大阪から和歌山に帰るのに河内長野を通るのですが、途中で「地蔵谷トンネル」ってのがあります。

このトンネル、前まで行くと未だに「立入禁止」って書かれてます。

しかし、行った時にちょうど車が一台出てきたので「歩きで通っていいか?」と聞いたところ、特にダメとも言われなかったので、行ってみました。




地蔵谷トンネルに行ってみた。

トンネルの外観

2002年3月に竣工されている。
長さは350mとそんなに長くはない。

中の様子

緩やかなカーブになっているので、ライトがないと中は真っ暗です。
途中自分の影にビビってみたりしてそこそこの恐怖を味うことがてきました笑

ここは調べても特にこれといった噂話もないのと、中はキレイで「これなら車通れるだろっ」って思うんですが、なんで未だに立入禁止なのかなぁ?

ってことで、自分の中で勝手に理由をでっち上げてやることにしました。

理由1.心霊的な何か

工事中に事故が相次いだ。
・・・とはいえ既に竣工って書いてるしなぁー。

地蔵谷ってことで、所謂「お地蔵さん」に由来する地名なんだろうけど、お地蔵さんってのは、本来は「地蔵菩薩」といいまして、
菩薩ってのは仏教における仏の種類です。

この記事にもう少し詳しく書いています。

天狗岩に行ってきた(和歌山県)

そんな地蔵菩薩は「子供の守神」としての性質が強く、安産の祈願対象だったり、賽の河原で鬼から子供たちを守るといった風に信じられています。

って、ことで「地蔵」と名の付く地名は子供の霊が出る心霊スポットが多い(気がするw)。

きっとここも、夜な夜な不幸な死に目にあった子供の霊が出るに違いない!!

理由2.住民による反対

このトンネルの反対側って基本的に民家で、このトンネルを通らないと結構な遠回りになるけど、住民もないと不便な気はするんだけどなぁ。

そもそも、こんな辺鄙な場所、トンネルが開通したところで人通りが増えるとも思えないし。(失礼)

もしかしたら、トンネルの向こう側の集落で権力を持っている人が、超絶人嫌いなのかも。
いや待て!超絶人嫌いな人が、集落になんぞ住むか?

やっぱ、不通の理由は幽霊だ!そうだ!そうに違いない!

理由3.その他

なんか基準満たしていない的な。

出来上がったけど、耐震構造に問題がー。とか、そういった何か(適当)

で、調べてみたところ

大阪府のWEBサイトに、広域農道「岩湧地区」として紹介されていまして、この地蔵谷トンネルもその一環のようです。

で、事業期間が平成34年とありましたので、事業が完了するまで開通していないのかな。って思います。

そっか~、幽霊スポットじゃなかったのかぁ~・・・。残念。(なにがだ)

まぁしかし、こういう場所を訪れて、わかるまでの妄想ってのは結構楽しいですね。

では、最後までお読みいただきありがとうございました。